オーストラリア留学で感じたこと、学んだこと

社会人になってから、海外で生活してみたいという気持ちが強くなり退職をして25歳の時にオーストラリアに留学しました。
オーストラリアのブリスベンで生活することを決めました。
そこに決めた理由は、それなりに都会で、尚且つ川や大きな公園など自然もあるミドルシティだったので自分の住んでいる場所と似ているなと思って決めました。もともとはボストンの語学学校に留学することをずっと考えていたのですが、留学エージェントなどと話をして考えた結果、ブリスベンに決めました。語学学校には3ヶ月通いました。
語学学校の人は、ブラジル人、韓国人、スペイン人、日本人が多くいました。正直日本人はもう少し少ない方が良かったかなぁと思いますが、仕方ありませんね。クラス分けは、入学の時に先生と面接、筆記テストをして決まりました。7レベルある内の上から2番目のクラスになりました。初めて他国の人とペアになって聞き取りの授業をすることになりました。韓国人とペアになりましたが、英語が全然聞き取れず最初は辛かったです。それは私の聞き取り能力がないのか、韓国人の発音に訛りがあったからかは分かりませんが、最初はやはりリスニングは慣れるまでは難しいですね。ですから先生と交渉して、一つ下のクラスに下げてもらいました。国によって英語の発音もイントネーションも全然違うことを知らなかったので、もっと日本で英語圏ではない人達と触れ合っておけば良かったと思いました。特に私が行っていた大学には留学生もたくさんいたので、その人達とあまり交流しなかったのは悔やまれるところです。
そして、留学中楽しみだったのが近くの公園でBBQパーティーをしていたことです。オーストラリアの公園には、無料のBBQコンロがあるので、週末はBBQの人で賑わっていました。天気も良く、大自然の中でバーベキューをするというのがこんなに気持ちの良いものなのかといつも思っていました。
英語はもちろんのこと、他国の文化もたくさん知ることができて良い経験になりました。今度また留学する機会があれば、ぜひアメリカ留学に挑戦してみたいなと思っています!

PR
PagerankExplore|驚愕頭部|心の童話|相互リンクダイレクト|相互リンク募集サイト|MY2-Link|女性の人生|相互リンク募集中|安いダイエットジム|全身脱毛どこがいい|男なら一国一城の主を目指せ|